FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kaigan1 kaigan2 kaigan3

ゆゑもなく海が見たくて
海に來ぬ
こころ痛みてたへがたき日に 啄木

と詠うには余りにもいいお天気過ぎる昼下がりのビーチ。

初めてこの短歌を知ったのは青森・種差海岸の落書きだった。

八重洲から夜行バスに乗って早朝八戸市街に到着、蕪島や久慈など巡って盛岡から新幹線で帰京。

心象風景的にこの短歌はこころに刻まれている。

実際には函館・大森海岸だったらしいけれど海はどこも繋がっている。
Secret

TrackBackURL
→http://siberianpoet.blog83.fc2.com/tb.php/125-b8e5e182
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。